ミニマムライフ

【ミニマリスト】「収納」が無意味!と気づいた5つのこと

仕事を辞めたい僕の背中を全力で押してくれたルーティンを紹介します。

ものを大切にする精神って本当に素敵だと思います。

小さい頃から口すっぱく何度も親から言われていた事なので痛いほどわかります。

でも、忘れていたことがありました。

それは、しっかりと使ってあげるという事です。

使わないということと、大切にしているとは違いますよね?

使わずに保管し続ける方がものに対する大切さがないと思うわけです。

ものは使われるために作られ生まれました。

でも、いつからか使うより、買うことに思いがフォーカスしすぎてしまっているのかと。

そして、今僕が思うのは

収納するという行為が本当に意味のある良いことなのかどうか。。

それをこれから説明させて頂きたいと思います。

「収納」が無意味!と気づいた5つの出来事

中身が把握できなくなる

収納すると自分の視界から外れてしまい、不思議と何を持っているのかがわからなくなりますよね。
わからないまま物に溢れていくことの無意味さはどの方でも共感いただけると思います。

引っ越しの際に手間になる

収納していたものを整理していなかったことにより、大事なのか大事な物じゃないのか、それすらもわからないものを新居に持っていくことって不毛でしかないですよね。荷物が多ければ多いほど引っ越し料金に負担が乗りますし、良いことは一つもないと思います。

無駄な買い物を助長させる

収納について前述にもありますが、把握しきれないことが原因で同じものを買うなんてことは多々発生するんじゃないでしょうか?僕の場合でいうと以下の物を今までに何度も無駄買いしていました。

  • ゴミ袋
  • 調味料
  • 食料
  • 文房具(ペン、ノート)

使わずに保管されていたり、食料は腐るし、期限切れも起きますし散々な結果になります。

住居面積の一部が奪われる

「収納」は聞こえは良いかもしれませんが、使わなければただのゴミを無駄に保管しているのと一緒だと思います。
そのゴミを部屋の中で保管しているだけで、それも住居の一部を占拠させている。

僕は本当に無駄だと思います。

不要なものに占拠され、そのために家賃を払っていると考えるとやばいですよね。。

 

「収納」という行為を辞める

だから僕は究極かもしれませんが、

「収納」という行為をやめました。

【ミニマリスト】洋服を全部で15枚に減らして支出を抑制させました皆さんはどのくらいの衣類を用意されていますか? また、その数を皆さんは把握されていますでしょうか? 僕はミニマリストとして生きていく...

収納をしないということは、部屋を汚すことを許すというわけではありません。

物を全て把握できる数にまでに物を減らしてしまえば良いだけで、

自ずと収納できないほどの量に抑えてしまえば、収納行為自体が消滅!

だから、物理的に部屋が汚れなくなるわけです。

まとめ

本当に何が自分に大切なものなのか、衝動的に欲しくなるものは

本当に自分自身が欲しいと思っているものなのだろうか?

誰かの操作によって買っているだけなんじゃないか?

買い物は息抜きには良いと思いますが、買うときは消え物に限るように僕はしています。

ケチりたいとかではなくで、無意味に買ってしまい、愛着が持てなかった時の

切なさに自分自身が耐え切れないからです。

家にあるもの全てが主力で僕にとって大切なものであって欲しいと思うからなんです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

フリーランス / ブロガー
SHIBAKEN
埼玉生まれ東京育ちの独身30代男。 都内の出版社でWebデザイナーとして就職。その後転職し、制作会社でフロントエンドエンジニアとして6年間従事。 現在は会社を退職し、フラリフラリと風に吹かれながらフリーランスとして現在に至る。

プロフィールの詳細はこちら
\ Follow me /