ミニマムライフ

【ミニマリスト】洋服を全部で15枚に減らして支出を抑制させました

こんにちは、SHIBAKEN – @dec_shibaken – です

皆さんはどのくらいの衣類を用意されていますか?

また、その数を皆さんは把握されていますでしょうか?

僕はミニマリストとして生きていくまでは、数を意識したことはなく

欲しいものを欲しいだけ購入する日々を送っていました。

全体で40着近くあったかなーと思います。

でも実際に、年間通して使っていたものはなんだかんだで10着くらいで、それをローテーションする日々、殆どのものが収納ケースに眠っていました。。

結局1度も使わずなんてことも。。やばいですよね笑

悲しいですし、本当にもったいないですし無駄遣いが半端じゃなかったです。

そんな僕が昨年断捨離を決行。

その後の残った少数精鋭の衣類達を紹介させて頂きたいと思います。

衣類全体の紹介

  • ダウンジャケット * 2着
  • ピーコート * 1着
  • ナイロンパーカー * 2着
  • Tシャツ * 5着
  • ネルシャツ * 2着
  • ジーパン * 1着
  • トレーナー * 1着
  • パンツ * 1着

※近日写真を公開!

支出の抑制方法

収納ケースの排除と、衣類の可視化

収納ケースはとても便利ですが、、問題が、、

何を買ったのかがわからなくなる&把握できなくなってしまう

二つの問題を作ってしまいます。

そして無尽蔵にものが増殖してしまうということ。

結果的に無駄遣いを発生させてしまうデメリットにつながります。

収納ケースを排除して物理的に収納できない状況を作ると、メリットだらけ!

収納ケースが無いのでもちろんしまうことができません。溢れてしまいます。

溢れてしまうのを避けるのであれば、何かを捨てないといけないという気持ちになり、

捨ててまでして本当に服を買うべきかどうか、、都度考えるようになりました。

 

このマインドが重要で、このおかげで自然と買い物に対する抑制がつくようになったのです。

全ての衣類を可視化させる

それぞれの衣類の枚数を把握できるということと、

「使わない」という選択肢が無くなるからです。

全てを使いきれますし、支出の抑制というメリットにつながります。

 

控え選手が全くいない、全員レギュラーって感じですかね。

衣類を使わずに囲まれるより、少数でも使ってあげることの大切さ

不思議と僕が愛着を持って着ていた服は数着しかなく、

使わずに処分されてしまう服を見て、毎回後悔していました。

流行に乗って勢いで購入したものほど、使われず収納ケース行きに。。

ファッションが好きで、毎日違うものを着ることをいきがいにしている人にとっては

こんな無駄にはしないのかもしれませんが。。

 

長くずっと大事に使ってあげることが結果的に節約になりました。

シンプルが一番

僕はそんなにファッションに興味が無いことに気付きました。

いつも決まったカラーですし、あまり主張のないデザインばかりなのです。

ビビットなものほど扱いが難しく着回しに悩むんですよね。

なので、シンプルであり着心地が良い服というのが僕の結論でした。

 

 

朝、悩まずに決まった服に袖を通せるって幸せです。

まとめ

自分自身がどうして服をこんなに買ってしまうのか?改めて考え直してみるのは良いことかもしれません。

僕の場合は衝動買いほとんどでした。

1万円以上した服も1度しか着ずに終わるっていうこともありました。

単純ですが、僕は買った服を上手に着回すセンスが無かったんです。
おかしなプライドですがそんな自分を認めることができなかったんでしょうね。

でも、最近ですが断捨離を行うようになりミニマリストとして生きるようになってから、そんな自分を認められるようになりました。

前述もしてありますが、大切に使ってあげることにフォーカスさせることで自然と支出を抑制できるんですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

フリーランス / ブロガー
SHIBAKEN
埼玉生まれ東京育ちの独身30代男。 都内の出版社でWebデザイナーとして就職。その後転職し、制作会社でフロントエンドエンジニアとして6年間従事。 現在は会社を退職し、フラリフラリと風に吹かれながらフリーランスとして現在に至る。

プロフィールの詳細はこちら
\ Follow me /