ミニマムライフ

キッチン周りは無駄買いの巣窟!支出を抑える5つの方法で問題解決!

こんにちは、SHIBAKEN – @dec_shibaken – です

会社を辞めてから数ヶ月が経ち、必要以上に時間を持て余している次第です。。笑

フリーランスになったり、個人で自営している人方に是非伺ってみたいことがあります!
支出をどうやってみなさんは抑えていますか?

最近、断捨離をするようになったせいか、支出をかなり意識するようになりました。

捨てていくものをみると、
「なんて無駄な物を買ってしまったのか。。」と凹む毎日です。

その中、僕が一番最初にフォーカスを当てた無駄買いのトラブルポイント

「キッチン周り」について今回はお話しさせていただきたいと思います。

併せて、無駄買いを抑える為に必要な対策を自己流ですが
ご紹介させて頂きます!

無駄買いになってしまうキッチン周り

冷蔵庫という存在

収納できる箱が大きければ大きいほど、心に余裕ができてしまい不必要な物まで沢山購入してしまうことがありましたね。

食べきれずに残してしまい、冷蔵庫の中に永遠の眠ってしまうことがしばしば。。

ほとんどの方の中にあるある系かもしれませんね。

食べきれていれば無駄にスーパーで買い物もしていなかったなーと思いますね。

身の丈に合わない調理器具の潤沢さ

料理をするときには必要になる調理器具ですが、毎日料理を行わない方からすると、ただガラクタでしかないですよね。

作りたいという欲求を満たす為だけに購入してしまい、収納エリアをパンパンにさせてしまったことも。

それどころか買ったことさえ忘れて同じ器具が何個もあったことなどもありました。。

調理器具って高いですよね。。なんで一度しか使わないような物を買ってしまったのだろうと買う度に後悔していました。

使い切らないほどの調味料

料理するときには必要になる調味料ですが、程よい量の調味料がスーパーに無く、ほどんどの調味料を使い切ったことがありませんでした。

必ず賞味期限との戦いになり、使い道が無くなりその度ゴミ箱に投げ捨てることに。。

一人暮らし向けのサイズ感があれば良いんですけど、あまりないですよね。個人的にケチャップ、マヨネーズは絶対に使い切れませんでした。

シンク周りに器具などを沢山配置

料理を作るよりもまず、形から入ってしまったことですね。

シンク周りに調味料キットや包丁セット、調理器具セットなど使うかどうかわからないもので装飾してしまったことで、それらに併せるように食材や調味料をなどを無駄に購入してしまいました。

結局使う機会はあまりない上に、シンク周りが狭くなるし片付けにも時間がかかるようになってしまいました。

料理が趣味だったりする人にとっては最適だとは思いますが、形から入ると残念な結果なってしまいますよね。

電子レンジという便利さへの甘え

電子レンジはとても便利な物ですが、無駄な買い食いが増えてしまう要因でもありますね。
便利なツールが故に冷凍食品や保存食など無駄に買ってしまうという負の連鎖につながってしまうことにも多々ありました。

自分で作れば安く済むものも、レンジがあると、割高なコンビニ飯になってしまうので、出費かさみやすくなることも。。

レンジは手軽で便利ですが、甘え始めるとそればっかりになってしまいますよね。

 

 

支出を抑える為に行った自己流キッチン対策

その日食べるものだけを購入する。

買った食料をしっかりと把握しておくのにとても簡単な方法は、

その日食べたいものだけを購入して、食べ残しを出さないようにすることです。

僕の場合は大食いはせず、少し足りないくらいでいつも留めています。スーパーに行っても野菜はほとんど1/2カットとか、1/4カットなど、少量のものにするようにしています。

食べ切れて綺麗に無くなると、余分にお腹が空いたりなどが起きず気持ちよく食事を終わらせることができます。

野菜を丸々買ってしまうと、大半は残りますし、ほとんどの確実で次の日には忘れられてしまいますからね。そこは注意が必要です。

 

明日の分まで購入したとしても気分で食べる物を変えてしまうことってありますよね。外食しちゃうこともありますし。

自分の好きな調味料しか購入しない。

僕はちなみに、

  • めんつゆ
  • 醤油
  • 胡椒

です。

僕の場合、1年通してスープを食べるようにしています。

スープの方が腹持ちがよく冬は体も温まるし、スープに溶け込んだ栄養まで補給できるのでベストかなと思っています。

油物は、使いきれないので極力買わないようにしています。

使い切らずに捨てられていくものほど勿体ない買い物の仕方は無いと思っているので、個人的にはベストな調味料だと思っています。

作り置きをを絶対にしない。

作り置きは非常に楽で便利なのですが、食欲をコントロールできない人にとってはあまり意味が無いですよね。

お腹が空いてしまうと結局食べてしまうので、その日の食費が結局かさんでしまいます。

今日作った物はその日のうちに消化させて、家に食べ物をおかない習慣を作るようにします。無駄買いを減らす為です。

家に食糧があると誘惑に負けてしまいますよね。適量を食べ続け大食いは絶対に避けたいですね。

ゴミ箱を捨てる。

食糧を買うと必ずゴミが出ます。大量のゴミを出さないようにするためには、シンプルな戦略になりますが、「ゴミ箱」を捨てて、大量のゴミを物理的に管理できないようにしてしまうのです。

食糧は買えば必ずゴミが出ます。ゴミの保管ができないストレスが、自然と日々の食糧の量をコントロールさせてくれると僕は考えています。

ゴミ箱って本当に便利ですけど人を怠けさせるツールの一つにもなってしまっていますよね。楽になったわけではなく、面倒な作業を後回しにさせるだけのまやかしにすぎないんです。最初はストレスでしたが自然と慣れていくので大丈夫です

レジ袋を神と崇める。

僕はレジ袋を堂々と頂いています。

買い物に行けば都度もらえるのでそのままゴミ袋として活用させてもらい、その日食べたものだけを袋にまとめてゴミとして出すようにしています。

一切の無駄がここまで発生していません。

ちなみに、エコバックは一切使いません。使うようにしてしまえば、結局ゴミ袋を購入しないといけない事態になり、お財布にも良くないからです。

もらえる物は喜んでもらって、レジ袋もしっかりと使い切れば、家にゴミが一切残らないし一石二鳥ですよね!

まとめ

自分の部屋に物がいくつあるかを把握できる程度に抑えて買い物をしましょう。

その為にはしっかりと使い、その役目を全うするまでを見届けないといけませんが、支出が無駄に多い人ほど、見届けることができないのでとにかく使い切りましょう。

ちなみに、先ほどお話しにもありましたが、冷蔵庫や電子レンジですが、

部屋をミニマムにすることができたので、処分することに成功いたしました!

 

僕の対処法は多少強引に感じられる方もいらっしゃると思いますが、

効果は間違いなくあると思っています。

ぜひ一度ご参考にしていただき、支出がどこまで落ちていくかを試してみては

いかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

フリーランス / ブロガー
SHIBAKEN
埼玉生まれ東京育ちの独身30代男。 都内の出版社でWebデザイナーとして就職。その後転職し、制作会社でフロントエンドエンジニアとして6年間従事。 現在は会社を退職し、フラリフラリと風に吹かれながらフリーランスとして現在に至る。

プロフィールの詳細はこちら
\ Follow me /