ミニマムライフ

ミニマリストの僕が片付けを苦にしない朝のエンジンの掛け方を紹介!

こんにちは、SHIBAKEN – @dec_shibaken – です

ミニマリストの僕が知らない間に作っていた、朝のエンジンの掛け方を紹介します!

片付けはできれば夜ではなく、朝から済ませておきたいですよね?仕事終わりに帰ってきて、ものが山積みになってしまうとうんざりしますよね。

とはいえ、朝は眠いしだるくて動けない。。僕もその経験者の一人です。

部屋の片付けに悩んでいた僕でしたが、

朝の10分程度の中に、一定のルーティンを加えたことで体の動かない朝にエンジンをかけることに成功しました!

それは、自分の部屋の生活導線を「無理矢理」歩くということです。

歩かないといけないという状況を作ることで体の活動を促しエンジンをかけます。

その導線の中に片付ける施策を作りました。

大事なポイントは、
「キッチン、脱衣所」に行く用事を作らせるのです。

片付かずに山積みになってしまうポイントの上位に必ずこの二つは入ってくると思います。

皆さんのご自宅とでは間取りが全く違うと思いますので、ご参考になるかどうかは分かりませんがエンジンをかける為のショック療法だと思って見ていただければ幸いです笑

枕のタオルケットを取り外す

私の場合はベッド周りを清潔にしておきたいので必ず夜、枕にタオルケットを巻くようにしています。ただ、毎日使うものなので必ず新しいものを毎日使うようにしています。

そのため、朝起きたら枕からタオルケットを取り外します。

使用済みのタオルケットをそのままにしておくことが不快だと理解しているので、

嫌でも洗濯機のある脱衣所まで歩かせ、そのまま洗濯機を稼働させます。

その間に顔を洗ったり歯を磨くなり行動をとるのでその流れを利用して、

脱衣所で乱れている部分があればそこで整理をしてしまいます。

ベッドのそばに飲み物を毎日準備しておく

朝は喉が乾いているのと、体の目覚めの為に飲み物を必ず飲みます。

最短で飲めるように、ベッドのそばに用意して起き、ベッドから降りる前に必ず飲み干すようにしています。

飲み干したことで、空になったらグラスをキッチンに持っていく理由をここで作ります。

必ず使ったグラスを水に潜らせますのでこのタイミングで、キッチンに汚れがあれば拭き取ったり、乾ききった食器があれば、食器入れ整理を行ってしまいます。

ゴミの整理もできるので一石二鳥です。

まとめ

大切なポイントは、

部屋が汚れてしまう発生源に強制的に体を向かわせて、朝からその問題を絶ってしまうということですね!

朝は片付けるという思考になり辛いと思うので、意識せずにエンジンかける施策は
非常に重要だと思います!

自分で自分にトラップを仕掛けるみたいな、、そんな感じです!

今回の記事に近い内容ですが、是非こちらも読んでいただけると嬉しいです

仕事を辞めたい僕の背中を全力で押してくれたルーティンを紹介します。こんにちは、SHIBAKEN - @dec_shibaken - です 今日は仕事を辞めたい僕の背中を全力で押してくれたルーティン...

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

フリーランス / ブロガー
SHIBAKEN
埼玉生まれ東京育ちの独身30代男。 都内の出版社でWebデザイナーとして就職。その後転職し、制作会社でフロントエンドエンジニアとして6年間従事。 現在は会社を退職し、フラリフラリと風に吹かれながらフリーランスとして現在に至る。

プロフィールの詳細はこちら
\ Follow me /