ミニマムライフ

【ミニマリスト】断捨離における効果を報告!ミニマムライフで価値観変化!

仕事を辞めたい僕の背中を全力で押してくれたルーティンを紹介します。

断捨離を行ってからまだそんなに日も経ちませんが、物が少なくなり

それが功を奏したのか、物欲が減ったような気がします笑

今までなら、色々な誘惑に負けて衝動に駆られ、どこかに理由もなく出かけて

買い物をする日々でしたが今はそんな気持ちにはなりません。

とても不思議な感じです。

断捨離で物に対する価値観が変化してきたようです。

今日は実際に僕自身に起きた変化を書いていきたいと思います。

断捨離が僕を変えた5つ

洋服の流行に囚われず、自分に合う服を選べるようになる。

流行ってそもそもなんだろう。って思いました。
なんで追わないといけないのかなーって思う毎日でした。追ったところで何も意味があるのか、自分の服装を誰が見てるわけでもないのに。。不思議ですよね。

自意識過剰な僕でした。誰も僕を気にしていない。

誰かに見られているなんて勝手思ってる自分が恐ろしく思いました。実態の無い誰かを気にする自分。。

評価を誰に求めていたのか、視線を気にしていたのか。

正直にいうとすごく無駄なエネルギーをそこに投じすぎていた気がします。

 

洋服が減って気づく、僕自身の服のセンス

僕は洋服にセンスはありませんし、洋服がそんなに好きでは正直無いと思っています。
買って一度で終わって行ったことなんて数知れず、、

結局着回すセンスが無いんですよね。

だから断捨離後に残った洋服をみて自分でも驚きました。

  • グレー

これで僕は良かったんだと。。笑

 

シンプルと機能性重視に変化する

残った洋服は至ってシンプルでした。
無印良品の服が結局残った感じです。

柄やワンポイントが無いので、悩む必要が無い所が僕のお気に入りです。

個人的な感想ですが、
生地が強いのか洗ってもダメージが少ないので、コスパも良い感じ。

【ミニマリスト】洋服を全部で15枚に減らして支出を抑制させました皆さんはどのくらいの衣類を用意されていますか? また、その数を皆さんは把握されていますでしょうか? 僕はミニマリストとして生きていく...

 

部屋の中に物が転がらない。

生活導線にトラップが無くなった

断捨離のおかげで、生活用品そのものの絶対数が少ないんです。

だから使い終わった後に放置する方が気持ちが悪くて、
自然と元の場所に戻さないと気が済まない性格に変わってしまったような気がします。

なので、トラップを意識せず歩けるようになりました。

 

片付ける理由になるような物が無い

無論、綺麗だからですね。

食欲のコントロールができて、ダイエットもできる。

決まった量の食材しか家に無い

今日食べる物全てを、朝一に購入しておきます。

それを、朝、昼、晩で3等分にしておくのみ。
買った物を自分自身で把握できないと無駄に残るからですね。
腐らせるなんてもってのほかです。

 

作り置きは絶対にしない

そもそも作り置きになるのは、食べる分量を想定できていなかったことが原因なので、
その問題を絶ってしまえば良いだけですね。

それに、今日作った物を明日も食べたくないですよね。
できるなら毎日違う物を食べたいので、そういう甘えをあまり作りたくないです。

仕å事を辞めたい僕の背中を全力で押してくれたルーティンを紹介します。
キッチン周りは無駄買いの巣窟!支出を抑える5つの方法で問題解決!会社を辞めてから数ヶ月が経ち、必要以上に時間を持て余している次第です。。笑 フリーランスになったり、個人で自営している人方に是非伺...

18時以降はコーヒー

食事自体は18時までに済ませちゃいます。それ以降は基本的に食べません。

僕の生活だと、23時くらいまでには寝てしまうので、あとは飲み物で過ごして
夜は胃をゆっくりさせています。ダイエットにも良いので継続しています。

ちなみに、飲み物はお茶でも良いですけど個人的にはコーヒーですね。

 

一つ買ったら一つ捨てると言う習慣がついてきた

物には入口と出口を考えておく

何気ない買い物も、生活用品それぞれの数を頭に入れながらできるようになりました。

いくつ残っていて、買うならばどれをいくつ捨てるべきか。

定数を決めて、量をしっかりとコントロールし、出費を抑える努力
これはミニマリストとしてはすごく大切なことですね。

一人の時間が多くなった&心にゆとりができた

部屋がすっきりしたことで、家にいる機会が多くなりました。

ダラダラ過ごしてしまうような誘惑になるアイテムもないので、ブログを書いたり、本をゆっくり読める時間が増えて良かったです。

必要以上に知り合いに会わないことで、心が安定する

一人の時間が好きな僕としては、知り合いや友人などのペースに合わせず過ごせる時間が増えたことは心の安定に繋がりました。

 

フリーランス / ブロガー
SHIBAKEN
埼玉生まれ東京育ちの独身30代男。 都内の出版社でWebデザイナーとして就職。その後転職し、制作会社でフロントエンドエンジニアとして6年間従事。 現在は会社を退職し、フラリフラリと風に吹かれながらフリーランスとして現在に至る。

プロフィールの詳細はこちら
\ Follow me /