wordpress

TwitterのタイムラインをWordPressに埋め込む簡単な方法

こんにちは、SHIBAKEN – @dec_shibaken – です

今回はTwitterのタイムラインの埋め込みをご紹介いたします。自身の宣伝にもなりますし一石二鳥ですよね。

『JIN』という有料テーマで開発を行いました。管理画面の項目などが皆さんと違う可能性もございますがご了承ください。

ご自身のTwitterのURLをコピーをしましょう

とりあえずご自身のTwitterにログインして、URLをコピーを行いましょう。
コピーを行ったら、publish.twitter.comにアクセスしましょう。

publish.twitter.comでソースコードの生成を行いましょう

publish.twitter.comにアクセスすると、清々しく超絶シンプルな画面が表示されます。以下のような画面です。

中央のフォームに、コピーしたご自身のtwitterのURLを貼り付けましょう。
貼り付けが完了したら、そのままEnter!

Enterを押すと自動的に以下の画像まで自動スクロールされます。その後、以下のように、「Embedded Timeline」を選択。

「Embedded Timeline」を選択すると、コードが生成されます。また、生成されたソースコードにoptionを設定できますので、「options」より任意で行ってください。
さて、コード生成されたので「CopyCode」をクリックし、コードのコピーを行います。

コピーをしたらwordpressの管理画面に移動しましょう。
「外観」→「ウィジット」を選択し以下のような画面を開いてください。

開いたら、「カスタムHTML」ウィジェットをドラックし、サイドバーのパネルの中にドロップしてください。

ドロップ後は、タイトルを追加し、コピーした先ほどのコードを貼り付けて、保存です。

作業はここまでです。実際にプレビューで確認してみましょう。

wordpressの「外観」→「ウィジット」からソースコードを貼り付けましょう

こんな感じになっているんじゃないでしょうか?
問題なければこちらで更新を行いましょう!

いかがでしたでしょうか?

私も、自身のブログを日々改良しておりまして、twitterのタイムラインがあるだけで結構賑やかになりますよね!

使い道はみなさんそれぞれだと思いますが、是非参考にしていただければ幸いです。

ありがとうございました!

WordPressで簡単に「Google Fonts」を使う方法こんにちは、SHIBAKEN - @dec_shibaken - です ブログを開設していく中で、デザインやフォントの統一性が気に...
フリーランス / ブロガー
SHIBAKEN
埼玉生まれ東京育ちの独身30代男。 都内の出版社でWebデザイナーとして就職。その後転職し、制作会社でフロントエンドエンジニアとして6年間従事。 現在は会社を退職し、フラリフラリと風に吹かれながらフリーランスとして現在に至る。

プロフィールの詳細はこちら
\ Follow me /